2011年2月1日火曜日

iPhone4ケース アルミ GILD design Ichimatsu/ ギルドデザイン 市松 シルバー

iPhone4ケース
Ichimatsu silver
GILD design





GILD designのiPhone4のアルミ削りだしケースです。数種類のケースがラインアップされていますが、これは市松タイプ。市松タイプには4種類があり、シルバー・ブラック・シルバー&ブラック・ポリッシュの4つ。古川電工製のアルミ材A2017の無垢材から削りだし、表面処理はアルマイト(陽極酸化皮膜)を施しています。持った感じが非常に軽くて堅牢的な感じがします。タフネスさが売りのようです。これにストラップを装着できるホールが欲しかった。。。



4本のボルトで挟みこむだけの取り付け。造りも見事に綺麗で、本業はカスタムバイクショップらしく、従業員達のiPhone使いが多く、作業中によく落として壊すという事から商品を開発したそうです。
以前投稿したアルミケースとは違い、このケースはコネクター(分厚い)の種類を気にしません。様々な会社からケースは発売されていますが、全面にネジの取り付けをもってきているのがほとんどで、このケースの様に裏側へネジの取り付けをもってきているのはあまり無い。ネジをデザインにしている物も多いが、これは本当に前面がすっきりしている。ボタンも押しやすい。



クレードルも発売されています。iPhone用ケースを使用した時に結構困るのがクレードル。iPhone用ケースは、標準のクレードルにドッキング出来ない物も多く、同社製での使用を考えた製品はありがたい。しかもこのクレードルが本当に質感も良く素晴らしい。おもわず充電したくなる程の出来映えです。






クレードル用の背もたれも付属。ドキングコネクター部分に負担をかけない心配り。iPhoneにとっても、見た目的にも最高☆









上記を取り付けるとこんな感じになる。適度に重さもありGOOD!
私のipod touchもこのクレードルを利用して充電しています。







クレードルの裏側には、コネクターの線を通す穴がちゃんと作られており、ただ穴を開けるだけでなく、しっかりホールドするように開けられている細かさは、さすがと言わざるを得ない。お見事!!






コネクター部分を下から入れて固定するためのネジ。このネジのおかげでスムーズにiPhoneとドッキングする。ネジの調整は、まず下からコネクターを入れてiPhoneと繋ぎ、クレードルに置いてからネジを締めると丁度よく取り付けられる。標準のクレードルよりもスムーズにドッキング出来る素晴らしさ☆☆☆





この市松タイプの他に、ソリッドタイプ・ソリッドバンパータイプが発売されている。どのタイプも格好良く、アルミ好きには堪らないラインアップとなっている。iPhoneケースをお探しの方には是非お勧めしたい。GILD designeのアルミケース。本当に素晴らしいです。。。
見た目はポリッシュタイプが良いのだろうと思いますが、初めのうちだけだと思います。ポリッシュは傷が付きやすいので、このアルミ削りだしの方がいつまでも綺麗でいられるでしょう。



GILD designe
Ichimatsu silver









0 件のコメント:

コメントを投稿